スポンサーサイト

  • 2020.01.19 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    相談所から見た結婚できる人(13.避難しない人たち)

    • 2019.07.06 Saturday
    • 17:29

    JUGEMテーマ:婚活

    災害発生時の避難の統計と結婚事情について類似しているようなところがあると最近気づきました。

     

    日本では最近、過去の常識からは予測のつかないような豪雨が多発しています。

    最近の災害発生時のある調査では、下記のような結果がでているということです。

     

    第1段階:役所からの避難勧告は発せられて、その勧告を93%の人は知っているが、実際に避難した人は3.6%のみ。

     

    第2段階:実際に自分の家の周囲で浸水が発生しているのに気付いた時点で避難を開始した人は、まだ50%以下。

     

    第3段階:自分の近所の人などから避難するように働き掛けを受けた時点で実際に避難した人が、ようやく50%を超えた。

     

    以上の調査結果のように、人間は生命の危険が近づいていても動こうとしない生き物のようです。

    日本の結婚事情にも似たような姿が反映されているような気がします。

    例えば、

     

    第1段階:両親などの家族から頻繁に、若いうちに結婚してほしい、早く孫の顔を見たいものだと言われるが、ほとんどの人が動かない。(避難勧告のようなもの)

     

    第2段階:周りの友人や同僚がどんどん結婚し、遊び仲間も減っていき、少しずつ婚活を始めようかと考えはじめるが実際に行動しない。(自分の周りが浸水しはじめている状態)

     

    第3段階:世話やきの近所のおばさんや親戚、上司などからお見合いの話が持ち込まれ、しぶしぶお見合いをし結婚というのが、昔のパターン。(第三者の働き掛けでゴールイン)

     

    しかし、最近はお節介焼きの近所のおばさんや親戚などもいなく、かつ両親も若い時と違い働き掛けを止めてしまいます。この段階で第三者の働き掛けがなくなり生涯独身のコースへ。

     

     災害時との違いは、第3段階で近所の働き掛けが無くなってしまったことです。そのため、生涯独身者が急増しているのが現状。

    この第3段階を乗り切るために近所のおばさんではなく、近くの結婚相談所をうまく利用することが、一番の早道と思われます。(近所のおばさんの代わりに相談所を利用)

     

    結婚の意思があっても、周りからの紹介などあてにしていたら気付いた時には年金生活になっていましたというパターンが、珍しくない社会になっています。

     

    秦野の結婚相談所 佐藤

     

     

     

     

     

     

     

    スポンサーサイト

    • 2020.01.19 Sunday
    • 17:29
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM